FC2ブログ

モチベーションアップと幸福生活習慣化

心の平安と自信を手に入れるために…。無理なく実践できる 活き生きライフへのヒントを提案していきます。 毎日が成功へのエクササイズ!



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2010-05-02

実現の年齢 33歳



 こんにちは。Kamty 33 です。


 タイトルは忘れましたが、 かつて読んだある本で   -

 飛躍の28歳、実現の33歳

 という、まあ 法則のようなものがあることを知りました。


 そして、それを鵜呑みにしたわけではないけれど、意識の片隅にしまっておいたら、

 この人も そうか。 あれっ、この人も……?

 というように、歴史上の偉人や 著名な学者、あるいは小説家だとか芸術家など 幾人ものたちが、それぞれその歳に一大転機を迎えていたことに驚いたものでした。
 一人だけ例を挙げましょう……

 今年のNHK大河ドラマの主人公 坂本龍馬は、28歳で脱藩し、33歳で大政奉還という 彼にとって最大の仕事を成し遂げた……。

 江戸時代、自分の出身藩を抜けるということは、見つかれば 即、打ち首という大罪です。よほどの覚悟がなければできません……だから、「飛躍」。
 大政奉還は、世界史的に見ても珍しい無血革命です。そして……
 同じ歳、彼は暗殺されます。一生涯の 「実現」 ですね。


 ついでに もう一人の例を挙げておくと、イエス・キリストは 33歳のときに十字架にかけられて 死に、復活した……と されています。




 2人の間に ちょっとギャップがありすぎたかもしれません。
 でも、まあ そういうことらしいです。
 いちいち名前は思い出せませんが、ほかにもたくさんの史上人物たちが、33歳のときに その人にとっての大仕事を実現させている……。


 じゃあ、べつに有名でも偉大でもない、私の場合はどうだったでしょうか……。

 「実現」 という大それたものではなかったけれど、あとから思い返せば、その歳に ようやく、誰のまねでもない自分の絵が描けるようになりましたね。
 ……私の本業は、画家なんです。

 子供の頃から絵が描くのが好きで、まあ、図工の成績もよかったんですが、中学生になった頃、それまでとは違って 「上手に描こう」 という “邪念” が入ってきてしまいました。 よくあることだとは思いますが……。
 うまい人と同じようにうまく だとか、写真そっくりに だとか……とにかく、下心が芽生えてきてしまったんです。
 小学生以前の私は、ただただ無心に描いていたんですけどね……。


 話を はしょりますと、就職したのは建築関係の小さな事務所……とはいえ、設計ではなくて、パース (透視図) といって 建物などの完成予想図を制作する仕事でした。いちおう 絵を描く仕事だったわけです。
 でも、まったく 画家ではありません。 おおよそ芸術とは程遠い 下請けの業種です。

 いつか実現させたい夢 などというものではなく、あくまで趣味として ときどき絵を描いてはいました。
 やはり、自由奔放に でなく、うまく (写実的に) 描こう、という姿勢ではありましたけど……。


 小説に手を出した時期が8年間ほど……。
 本気で小説家を志していましたね。

 でも、まったく書けなくなってしまった……。 やがて、断念しました。


 すると ふいに、写実的でもなければ 現実の何かでさえもない、まあ、「心象風景」 にも近いような 不可思議な存在たちを、好んで描きだしている自分に気づいたのです。
 それが 33歳のときでした。


 大仕事であるとは とても言えませんが、そんな取り組み方の 「実現」 が、現在につながっていると断言することはできます。

 《夢》 とは思っていなかった 子供の頃からのを、実は諦めてはいなかった、ということなのでしょう。


 あなたは 子供の頃、なにになりたかったですか?


    2010. 05. 02


記事内容の続きへ ●試練と飛躍の28歳



blogram投票ボタン

← 応援クリックお願いします。



スポンサーサイト

テーマ : 自己探求
ジャンル : 心と身体

タグ : 図工 坂本龍馬

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。