FC2ブログ

モチベーションアップと幸福生活習慣化

心の平安と自信を手に入れるために…。無理なく実践できる 活き生きライフへのヒントを提案していきます。 毎日が成功へのエクササイズ!



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2010-05-17

誘導ミサイルは凹まない


目標めざして驀進 〔ばくしん〕 しているミサイルは、
 時々刻々 飛行コースを修正しています。

それと全く同じように あなたも、
 自分が軌道からそれた場合には、
そのつど コースを修正しなければなりません。


 いきいきライフ探究家 Kamty 33 です。

『極楽業火』 クリックすると拡大画像 (部分) を表示。

今日のあなたは誘導ミサイルです。
 自分が低空飛行しているところを想像して下さい。

なんらかの目標を設定したときには、
 言わずと知れたことですけれども、
とにかく前へ進まなければなりません

 でも、見当違いの方向へ進んだのでは
  目標から どんどん遠ざかっていくばかり……。
 正しい方向を見定める必要があります。

そして、絶え間なき軌道修正……
 自分自身を目標へと正確に導いていく 地道な作業の連続です。

ここで、軌道を微調整する直前の状態を考えてみましょう。
 ミサイル “本人” にとっては、
自分がわずかにコースを外れた、ということ……
 たった それだけのことですよね。
  だから、正しい方向へ自分自身を向け直した……。

 それが 「軌道修正」 の意味です。


ところが、人間の場合、
 ちょっとコースから外れた、というだけのことを
あろうことか、失敗と捉えてしまうことが多いんです。
 全ての人がそうだというわけではないにせよ、
  感情レベルで そう見なしてしまう傾向が強いんです。

 これは、明らかに よくないことですよね。
だって、「失敗」 などでは 全然ないんですから……。

 真の意味での失敗というのは、
この先 どんな手段を講じても、目標に到達することは絶対にできない
……という状態のことを指します。
 目標到達 (成功) の可能性が、完全に0パーセントということです。
この 確然たるシビアな状況以外に、
 「失敗」 という言葉を当てはめることはできません。


……誘導ミサイルの例に戻るなら、

 目標に達する前に燃料が尽きることが判明した だとか、
 地形読み取り用のセンサーが回復不能の故障を起こした だとか、
 目標データそのものが消滅して復起できない だとか、
さらには
 なんらかの理由でミサイル自体が爆発した、だとか……。

最後の状況を人間に置き換えれば、死ぬということですね。


 ところで ミサイルは孤立しています。
いったん発射されたら、もう基地に戻ることはないし、
 燃料を補給することも 資材を再調達することもできません。
  完全な単独行動=孤立無援の境遇です。

では、人間の場合はどうでしょうか……?
 ……………………。
体力・気力が足りなくなったら 休んで回復させればいいし、
 独力では無理だと判ったら 助っ人を探せばいい……。
つまり
 まだ死んでいなければ
  生きていさえすれば
 何かやることができる……
目標に到達する可能性が0ではない、ということなんです。


 2度3度やって うまくいかなかったからといって、
  諦めてしまってはいけません。

別の方法を試せばいいんです。
 軌道修正をすればいいだけのことなのです。


もしも 誘導ミサイルに意識があって、
 自問自答するようなことがあったとしたら、
こんなふうに思うのではないでしょうか   -

 少し目標から逸れてしまったな
 X度だけ右に修正しなきゃ
 ……………
 わおー、うまくいったぞ
 大成功だ!

    2010. 05. 17


「失敗のメカニズム」 に陥らないために…… ●人間超高性能機械論



blogram投票ボタン

← 応援クリックお願いします。



スポンサーサイト

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。