FC2ブログ

モチベーションアップと幸福生活習慣化

心の平安と自信を手に入れるために…。無理なく実践できる 活き生きライフへのヒントを提案していきます。 毎日が成功へのエクササイズ!



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2010-05-13

ハイモチベーションの冷静さ


 あなたはマラソンランナーです。

 今 まさにレースの真っ最中であり、
その中間折返し地点まで あと1キロというところを走っています……

 そのように想像してみて下さい。


 こんにちは。
いきいきライフ探究家 Kamty 33 です。

Awakening of a Nighthawk

 とつぜん振られてきたメンタル・イメージ・エクササイズに
戸惑われたのでなければいいのですが……。

 まあ、42.195km のレースなんて 想像を絶することかもしれないので、
高校などの体育の授業で たぶんやらされた
5キロとか10キロとかの持久走を思い浮かべても構いません。

 とにかく、今 あなたは、路上を走っているのです。
自主的に参加しているレースであるか
なかば強制的な授業であるかに拘わりなく
今、中間目標地点を間近にしているところなのです………。


 リズミカルなピッチ
 弾む呼吸
 頭蓋内に響く 自らの吐息の音
 汗ばんだ上半身を撫でていくヒンヤリとした空気の流れ……

 後ろへ後ろへと移っていく景色は、
ぼんやりと眺める対象ではなく、
自分の現在位置を測るための指標と化しています。
 ふだん通るときにはまるで感じられない
きつい上り坂の勾配を身体で思い知らされます。

 でも、もう少し頑張れば、
全行程の半分を走破したことになる……。
 まるまる同じ距離がその先に横たわっているけれども
すでに走ったコースをまた辿るのは 決して難しくないのだと
あなたの身体が知っている……。

 だから、もう少し頑張れば、
自分は完走できる、という手応えが得られるのです。


 前回、中間目標の設定術について お話ししましたが、
長距離レースに臨んでいる人は
あらかじめコースについて知っていることが前提です。
ようするに、ターゲット目指して飛んでいるミサイルそのものです。
 だから、迷いというものはなく、
ひたすら前進しているだけなんです。
 そのとき ランナーの心の目には
自分がゴールインしたときの姿がありありと映っているでしょう。
その鮮明さが、自らの身体を更に加速し、
前へ前へと 押し出していくんですね。


 さて、ここでランナー (あなた自身) を退いて眺めてみて下さい。
まずは、走っている身体がどういう状態にあるか、を……。

 心拍数・呼吸数 ともに上がり、
 全身 とくに脚の筋肉はフル稼働しており、
 新陳代謝は極めて速くなっています。

 ……これって、モチベーションが高い、ということではないですか?


 では 今度は、心理状態を観察してみて下さい。

 視覚情報から自分の現在位置を知り、
 全コースの何割を走破したかを割り出し、
 (本格的なら) ときどき腕時計に目をやって ラップタイムを測り、
 次の補給エリアで給水するかどうかを決めたりしますよね。

 ……このときのランナーって、この上ない というほどに冷静じゃないですか?


 お解かりでしょうか……?
ターゲットに向かって進んでいるときの人間は、
ただ、やるべきことを黙々とやっているだけなんです。
わざわざ自分をやる気にさせたり、
ましてや、立ち止まって考えたりは絶対にしないんです。

 もちろん、ばてる・へたばる ということはありますよ。
でも、たとえ そうであっても、少しペースが落ちるくらいで、
走ること自体をやめたりはしません
 仮に止まることがあるとしたら、
それは、肉体上の限界に達したときなので、
意欲はあっても 身体が自然に止まってしまいます。


 これが、「目標追求型の動物」 たる人間 (ヒト) の
最も 健全な在り方だといえるでしょう。


 あなたは、どんなゴールに向かって走りたいですか?

    2010. 05. 13


そんなこと言われてもなぁ……という方へ ●怠け者のどこが悪い?



blogram投票ボタン

← 応援クリックお願いします。



スポンサーサイト

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。